古川勉師による日帰り黙想会を2018年1月31日(水)に新設しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉雪ノ下カトリック教会の主任司祭古川勉師による日帰り黙想会を下記のとおり2018年1月31日(水)に開催します。申込方法等詳しくはチラシを御覧ください。

☆古川勉師 日帰り黙想会(18.1.31)チラシ

 

テーマ:「使徒言行録」に見るキリスト信仰の本質

教会の誕生とその異邦人への広がりの状況を記す「使徒言行録」。

そこには、

①律法や預言における救いの成就、完成をイエスと見るヤコブ、初期のペトロをはじめとするエルサレム教会の信仰、及び

②パウロやステファノのように律法やユダヤ教の伝統の導入を否定する信仰、の二つの動きがあります。この両者の一見、相反し矛盾する主張を探りながら、現代でも変わらないキリスト信仰の本質とは何かを黙想します。

2018年1月31日(水)

指導:古川 勉師(カトリック雪ノ下教会主任司祭)

会場:イエズス会日本殉教者修道院(黙想)

*9時30分~受付開始 10時~講話 昼食付き 16時解散

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA